誰でも簡単に扱えるスマートロックの利便性!その特長を知ろう

smartなLockへ

スマートロックで面倒な鍵の扱いが簡単に

三つの南京錠

ドアの鍵といえば、たいていはディンプルキーという玄関によく使われる鍵が主流であります。鍵穴に差し込んで解錠施錠を行う、誰もが所持しており日常的に使うものです。しかしその作業が暗証番号入力やカード認識で出来るとするなら?それがスマートロックの役割です。
番号入力かカード認識で簡単に解錠でき、施錠時はドア本体機器のスイッチを押すだけで簡単にカギの開け閉めができます。いちいちバッグから鍵を探さなくて済み、また開け閉めの手間も省くことが出来ます。
しかしそんなスマートロックでも注意点があります。やはりその使い勝手の良さゆえに施錠を忘れてしまうことがあります。ボタンをワンタッチするだけの単純作業なので、ふと思い出そうとしたときに押したかどうか分からないことがあるためです。またカードの保管場所によっては紛失や盗難の危険性もあります。キーケースによってはカードをうまく収納出来るスペースもあるでしょう。しかしサイフの中や専用の入れ物などで保管する場合は盗難や紛失のリスクを伴うため、厳重に保管する必要があります。
これから普及が進んでいくであろう便利で使い勝手がよいスマートロックではありますが、使用していく中での注意点やリスク管理は怠ってはいけないことも念頭に置いておかなけれらなりません。